セミナー後の懇親会の企画について

企画開催ノウハウ

こんにちは!

安井麻代です。

 

 

セミナーの開催企画を作る際、セミナー後の懇親会は企画しているでしょうか?

 

 

セミナーが終わってからの懇親会は、参加者が講師と親しくなったり話をしたりする機会にもなるため、参加者から喜ばれることが多いです。

 

 

そういったメリットから、セミナー後の懇親会を同時に開催することが多いのです。

 

 

今回は、セミナー後の懇親会についてご紹介しましょう。

 

 

セミナー開催後、懇親会をすることはメリットが多い

 

セミナーを開催した後に懇親会を同時に企画されていることがよくあります。

 

 

セミナーだと講師の話を一方的に聞いているだけですが、懇親会だとセミナー講師のプライベートな一面を見ることができるため、講師のファンからはとても喜ばれるのです。

 

 

また、講師と直接話ができる機会もなかなかありませんので、講師と直接話してみたい参加者には少なくないので、満足度を上げることができるのですね。

 

 

そして、直接話をしてみた結果、より、講師のファンになってくれることができ、バックエンドのお申込みにつながったり、セミナーのリピート客になっていってくれるというメリットがあります。

 

 

あなたもセミナーに参加した後に、その講師と直接話ができたらうれしいと感じることでしょう。

 

 

実際に話をしてみるということは、そうしていないときよりもかなり親近感がわきますからね。

 

 

セミナー後の懇親会を積極的に取り入れていくことも効果的だということです。

 

懇親会の会場の選び方

 

それでは、懇親会を開催する場合の懇親会の会場の選び方についてご紹介しましょう。

 

 

懇親会の会場は、やはり、セミナー会場の近くであることが望ましいです。

 

 

懇親会が終わった後の懇親会ですので、多くの参加者は何も言わなくても勝手に「懇親会は会場のすぐ近くだろう」と考えています。

 

 

それなのに、セミナー会場から30分以上歩いた場所だとなると、多くの参加者が不満を感じることになるのですね。

 

「なぜ、もっと近くの会場にしなかったんだろう?」と考えるのです。

 

 

それはそうですよね。

 

 

全く違うイベントなら、全然違う場所でも何とも思いませんが、同じイベントの懇親会であれば、近くでするのが当然だと感じます。

 

 

 

しかも、天気が悪かったりすると大変なことになりますよね。

 

 

雨の中、傘をさして長時間歩くのは、靴や服も濡れてしまいますし、せっかくセミナーで盛り上がった気持ちも冷めてしまいます。

 

 

ですので、できるだけ近くで、参加者が負担を感じない場所で開催することがベストです。

 

 

また、会場選びで注意したいのが、懇親会の会場がどんな店か、という点です。

 

 

セミナー会場は、清潔で高級感が漂う会場だったのに、懇親会は急にちょっと汚い居酒屋だったりしたらどうでしょう?

 

 

なんだかがっかりしますよね。

 

 

良いセミナーだったからこそ、その気持ちのままいられるような場所を懇親会の会場として選ぶことが大切です。

 

 

最後の最後まで、セミナー参加者への配慮を忘れない、と言うことを念頭において、懇親会の企画も創ることが、後々大きな結果へと結びついていくのです。

 

懇親会もできるセミナー会場を選ぶという選択肢もある

 

また、セミナー会場と同じ場所で懇親会ができるところを選ぶという方法もあります。

 

 

セミナーやイベントスペースでは、その場所が飲食店ではなくても食事のケータリングサービスもしているところがあるのです。

 

 

そういったサービスを利用することで、セミナーに参加した後にすぐに懇親会の会場へと移動することができます。

 

 

セミナーを開催したセミナールームを移動して、懇親会会場に移動するようにするのです。

セミナールームのままだとなんだか食事の気分になれないことも多いですが、部屋を移動してパーティースペースのような部屋を用意することで、食事を楽しむことができるのです。

 

 

この方法であれば、雨でも濡れる心配がありませんので、天気のことを気にすることなく懇親会の開催が可能になるのです。

 

 

私の運営している、「セミナールーム イベントスペース WM」でも、セミナー後の懇親会に対応しています。

 

詳しくはこちら
http://seminarwm.com/

 

 

セミナー後の懇親会も企画する際の参考にしてみてください。

 

 

今回は、セミナー後の懇親会の企画についてのご紹介でした。

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ